証明書を設定しました

本ブログを設定しているレンタルサーバーが、無料のSSL証明書(Let’s Encrypt)に対応したので、本ブログサイトに適用してみました。今後は、https://blog.withonoware.co.jp/techでアクセスしていただければと思います。

今まで、このサイトにSSL証明書を設定していなかったのは、自分で Let’s Encryptを設定して、その手順をここで紹介しようかなと思ってのことでした。

しかし、最近は、少しづつこの証明書に対応するところが増えてきているように思います。

Let’s Encryptが出てきたころは、結構面倒な手順を踏む必要がありました。
しかし、レンタルサーバーの機能だと、ほとんどボタン一つ押せば完了というくらいなんですね。(.htaccessは編集しましたが・・・・)

そういえば、私が個人で運営しているサイト(ロリポップにありますが)でも、 Let’s Encryptが採用されていました。

そちらもボタン一つです。

今更、面倒な設定手順を覚えても使うことがないような気がしています・・・・ 😉

『NOT IN』『NOT EXISTS』の検証

『INDEX』のキホンで、否定条件(NOT IN等)はINDEXが効かず性能的に使用は避けるべきと書きました。
確かに「NOT IN」より「NOT EXISTS」を使うべきだとされていることもありますが、しかし昨今のRDBでは、何かと最適化もされているので実のところどうなのでしょうか・・・

この他にも「LEFT JOIN + IS NULL」も代用できますが、これらの違いを各RDBでの性能の違いを検証してみました。

“『NOT IN』『NOT EXISTS』の検証” の続きを読む