Unexpected top-level property “ecmaFeatures”

こんにちは、WOWの梶野です。
少し前に Sublime Text 2 から Visual Studio Code (VS Code) に乗り換えました。

VS Codeでのエラー


 
VSCodeが出てすぐに使ったことはあったのですが、当初はどうにも使いづらくてほったらかしにしていました。
最近何気なしにVSCodeを使ってみると、ずいぶんと使いやすくなっている。見た目も良くなっているし、拡張機能もたくさん出ていました。
そして、いざ乗り換えようと使っていたら、JavaScriptファイルを編集すると、やたらと「Unexpected top-level property “ecmaFeatures”」が出る。
“Unexpected top-level property “ecmaFeatures”” の続きを読む

webpack v1 から webpack v3 へ移行

こんにちは、WOWの梶野です。
今回は webpack についてです。

npmモジュールの更新


まずはパッケージの更新から行きましょう。ついでに一緒に使用している他のモジュールも上げておくと吉です。
webpackのバージョンに依存していたりするのでね。
一括更新をするための便利なツールがあります。コマンドラインで使うのでグローバルにインストールしておきましょう。

npm install -g npm-check-updates

“webpack v1 から webpack v3 へ移行” の続きを読む

VBA始めませんか? ー第1回

この記事では、VBA初心者の方を対象に、Excel&VBAの説明をしたいと思います。
Excelの基本的な知識はあることを前提としています。

実は、この記事は10数年前に個人的に発行していたメルマガのリメークでして・・・。
(多少は直しましたが、一般の方向けに書いていたので)文章が砕けすぎ! という面もあるかもしれませんが、ご容赦いただけますと幸いです。

さて、ここで紹介する記事は、Office365のExcel2016をもとに記載していますので、もしかすると他の環境とは違う場合もあるかもしれません。
その場合は、適宜読みかえていただければ幸いです。

“VBA始めませんか? ー第1回” の続きを読む

Riot.jsで真偽値属性(disabledなど)が「__disabled」になる問題

ごあいさつ
 


はじめまして、WOWの梶野です。

私の記事は短いですが、当たればデカいを目指してコアな内容を書いていきます。
ハードルを上げすぎてもアレなので、コアじゃないのも書きます。

Riot.jsについて


最近のフロントエンド開発ではReactを使うことが多いですが、私は少数派ですので、「Riot.js」をよく使っています。
検索から来た人は、Riot.jsのことはよく知っているはずなので良いですが、そうでない人はぜひ使ってみてください。
 
 

__disabled問題


Riot.jsでは、disabled=”{ !data.reference[0] }”のように判定式でdisabledが出来る。と公式ガイドに書いてある。

真偽値属性 (checked, selected など) はテンプレート変数がfalse的であれば無視されます。
<input checked={ null }><input> になります。

http://riotjs.com/ja/guide/#真偽値属性

しかし、いざ使おうとすると、何故か「__disabled」になってしまい、全然機能してくれなかった。
“Riot.jsで真偽値属性(disabledなど)が「__disabled」になる問題” の続きを読む

Accessのクエリがエラーで開けなくなったら

はじめまして。福原と申します。
私はAccessやExcel、プログラミングでのちょっとした小技などを中心に記事を書いていこうと思います。
よろしくお願いします。

以前にAccessを使って作業していたときに、クエリを開こうとしてもエラーが出てしまい開けなくなることがありました。
実行もできなければ、エラーが出て編集することも出来ない。
クエリを作り直すにも、中身のSQL文を見ることができないので困りました。

このようなエラーが出てクエリを開くことが出来ない

滅多に起きなさそうな現象なので、同じように困った事のある人がいるのか分かりませんが、クエリが開けなくなってしまったときに中身のSQL文を見る方法を紹介したいと思います。

“Accessのクエリがエラーで開けなくなったら” の続きを読む