Riot.jsで真偽値属性(disabledなど)が「__disabled」になる問題

ごあいさつ
 


はじめまして、WOWの梶野です。

私の記事は短いですが、当たればデカいを目指してコアな内容を書いていきます。
ハードルを上げすぎてもアレなので、コアじゃないのも書きます。

Riot.jsについて


最近のフロントエンド開発ではReactを使うことが多いですが、私は少数派ですので、「Riot.js」をよく使っています。
検索から来た人は、Riot.jsのことはよく知っているはずなので良いですが、そうでない人はぜひ使ってみてください。
 
 

__disabled問題


Riot.jsでは、disabled=”{ !data.reference[0] }”のように判定式でdisabledが出来る。と公式ガイドに書いてある。

真偽値属性 (checked, selected など) はテンプレート変数がfalse的であれば無視されます。
<input checked={ null }><input> になります。

http://riotjs.com/ja/guide/#真偽値属性

しかし、いざ使おうとすると、何故か「__disabled」になってしまい、全然機能してくれなかった。

どこで「__disabled」になっているかというと、コンパイル時に変換されているのだが、それでも普通はDOM評価時には「disabled」になるはずが、DOM評価されても、「__disabled」となっていた。
 
 

解決策


仕方がないのでdomReady後に無理やり「__disabled」を自前で置き換えて回避してましたが、別件でnpmモジュールを更新していたら、この問題が解決。
riotjs-loaderを3.0.0から4.0.0にしたら、ちゃんと「disabled」になりました。
単純な解決方法だけど、調べた限り全然情報が無かったので、同じようにハマっている人の救いになればと思います。

 
 

余談


これは私だけかもしれませんが、riotjs-loaderを4.0.0にしたら、webpack.config.jsの書き換えが必要でした。
type: 'babel'type: 'none' に変更。

{
enforce: "pre",
test: /\.tag$/,
exclude: /node_modules/,
use: [
{
loader: 'riotjs-loader',
options: {
type: 'none'
}
}
],
}

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

eighteen − 8 =